ご訪問ありがとうございます

ネット総合病院では質の高いメーカー純正医薬品を幅広く取り扱っております。

取り扱い医薬品の中には、現在日本国内で「未承認医薬品」とされている医薬品もございます。

この未承認医薬品の情報を不特定多数の方に公開する事は、薬事法68条によって禁じられております。

そのため当サイトでは、これから進むページが未承認薬であることをご利用者様に了承頂いております。

クエン酸シルデナフィル

クエン酸シルデナフィル

クエン酸シルデナフィルのイメージ
化学式
C22H30N6O4S
分子量
474.6 g/mol
英語表記
Sildenafil Citrate
読みカナ
クエンサンシルデナフィル
  • 概要 
  • 作用 
  • 副作用 
  • 注意事項 
  • [クエン酸シルデナフィルの概要]

    シルデナフィルは1990年代前半に狭心症の治療薬として研究開発が行われ、陰茎の勃起を促進させる効果があるとしてED治療薬に用いられるようになりました。
    製薬会社であるファイザーでは勃起不全(ED)や肺動脈性肺高血圧症の経口治療薬としてクエン酸塩の形態にて用いられています。
    日本国内においては厚生省が米国の承認データをもとにスピード審査を行い、1999年1月25日に製造を承認し、3月23日より医療機関向けの商品として販売が開始されました。

  • [クエン酸シルデナフィルの作用]

    ファイザー商標のバイアグラは、環状グアノシン一リン酸の分解を行う5型ホスホジエステラーゼによる酵素の活性を阻害し、陰茎周辺のNO作動性神経に働きかけ血管を広げて血液の流れを増やすことにより勃起不全に役立つとされています。勃起不全の治療として使用する場合、性行為の約30分前に服用することで正常な性行為を行う手助けとなります。ただし性的な意欲・物理的な刺激などがない場合には勃起を起こすことはできず、性的な気分の助長にも影響がないとされています。

  • [クエン酸シルデナフィルの副作用]

    血圧の急激な上昇、または下降が起こる場合があり、心臓に対する酸素の供給がスムーズに行われず狭心症と同様の副作用が起こる可能性があります。この問題にあたり製薬会社ファイザーでは、ニトログリセリン等硝酸塩系の薬剤との併用は出来ないと明記されるようになりました。バイアグラなどのED治療薬の他にもシルデナフィルを含むサプリメントや強壮剤などが販売されているため、厚労省では注意を促しています。

  • [クエン酸シルデナフィルの注意事項]

    ニトログリセリン等硝酸塩系の薬剤との併用は禁忌情報としてバイアグラのパッケージにも明記されています。また、FDA(アメリカ食品医薬品局)では、男性の勃起不全治療薬を服用することで突発的に難聴になるといったケースもあり、ED治療薬の開発・研究を行う製薬会社各社に説明書への注意書き、ならびに品質表示のラベルを貼ることを求める方針となりました。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。