ご訪問ありがとうございます

ネット総合病院では質の高いメーカー純正医薬品を幅広く取り扱っております。

取り扱い医薬品の中には、現在日本国内で「未承認医薬品」とされている医薬品もございます。

この未承認医薬品の情報を不特定多数の方に公開する事は、薬事法68条によって禁じられております。

そのため当サイトでは、これから進むページが未承認薬であることをご利用者様に了承頂いております。

アカルボース

アカルボース

アカルボースのイメージ
化学式
C25H43NO18
分子量
645.605 g/mol
英語表記
Acarbose
読みカナ
アカルボース
  • 概要 
  • 作用 
  • 副作用 
  • 注意事項 
  • [アカルボースの概要]

    アカルボースとは、経口服用による血糖降下薬に利用される成分で、主に2型糖尿病の治療に用いられています。
    1973年に放線菌のアクチノミセス属となるアミノ糖産生菌の培養液から分離に成功し、1990年にはドイツにて医薬品認定を受けました。
    日本においてはグルコバイという名にて商品化されており、多糖からのグルコース切り出しの作用を持つグルコシダーゼを阻害する働きを持っています。

  • [アカルボースの作用]

    作用機序としては、小腸にて分泌されるαグルコシダーゼや、膵臓にて分泌されるαアミラーゼを阻害します。これらは炭水化物の消化酵素となりますが、阻害することにより炭水化物が消化され難くなり、グルコースが体内に吸収される量を減らすことが出来るため、糖尿病患者の短期治療法として血糖値を下げる効果があります。また、長期的な使用においてもグリコヘモグロビンの値を下げる効果があると言われています。

  • [アカルボースの副作用]

    多くの方が生じる副作用として、放屁の回数が増えることや下痢などの症状があります。これは、アカルボースの服用によって炭水化物の消化が阻害されることによるものであり、効果が出ているという証拠とも言えます。また、アカルボースの使用により、効果が強く出過ぎてしまい低血糖に陥ることがあるとされています。そのため医師によって処方を受ける場合には、少量ずつ開始して希望に応じて量を増やしていくことが一般的となっています。

  • [アカルボースの注意事項]

    現在のところ因果関係の証明はされていませんが、アカルボースを使用して治療を行うことで炭水化物の過剰摂取を繰り返すことがあり、一回の食事量における単糖・二糖の摂取や、夕食および翌日の朝食を12時間以上空けることが望まれます。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。