ご訪問ありがとうございます

ネット総合病院では質の高いメーカー純正医薬品を幅広く取り扱っております。

取り扱い医薬品の中には、現在日本国内で「未承認医薬品」とされている医薬品もございます。

この未承認医薬品の情報を不特定多数の方に公開する事は、薬事法68条によって禁じられております。

そのため当サイトでは、これから進むページが未承認薬であることをご利用者様に了承頂いております。

フロセミド

フロセミド

フロセミドのイメージ
化学式
C12H11ClN2O5S
分子量
330.745 g/mol
英語表記
Furosemide
読みカナ
フロセミド
  • 概要 
  • 作用 
  • 副作用 
  • 注意事項 
  • [フロセミドの概要]

    フロセミドとはループ利尿薬のひとつであり、作用の強い利尿薬として知られている成分です。
    本態性、腎性などの高血圧症が主な適応症とされており、それ以外でも心性浮腫、腎性浮腫、月経前緊張症、尿路結石などに対して用いられることがあります。
    速効性があり利尿作用も強力ではありますが、作用時間が短いという欠点も持ち合わせています。

  • [フロセミドの作用]

    フロセミドは腎尿細管におけるNa、Clの再吸収抑制により利尿作用を示します。さらにむくみを取り除き血圧を下げる作用があることから、降圧目的で用いられるケースもございます。高血圧に伴うむくみ、さらには心臓病や腎臓病、肝臓病に伴う症状に対してもよく用いられています。

  • [フロセミドの副作用]

    効きすぎると脱水症状が起こったり、血圧降下によるめまいなどを引き起こす可能性があります。特に降圧作用は高齢者の方に出やすいため注意が必要です。また、カリウムの再吸収も抑制してしまうことから低カリウム血症が発症することもあります。重篤な副作用としてはショック、アナフィラキシー、血液成分の異常、不整脈などが挙げられております。

  • [フロセミドの注意事項]

    持病やアレルギーのある方は、事前に医師にその旨を伝えておく必要があります。また、重い腎臓病や肝臓病を持っている場合は、症状を悪化させる可能性があるため、慎重に用いられます。併用禁忌となる医薬品が多くあり、他の降圧薬や気分安定薬、心臓のお薬と併用する際には医師の判断が必要となります。さらに排尿の回数があるため、外出時などは注意が必要となります。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。