ご訪問ありがとうございます

ネット総合病院では質の高いメーカー純正医薬品を幅広く取り扱っております。

取り扱い医薬品の中には、現在日本国内で「未承認医薬品」とされている医薬品もございます。

この未承認医薬品の情報を不特定多数の方に公開する事は、薬事法68条によって禁じられております。

そのため当サイトでは、これから進むページが未承認薬であることをご利用者様に了承頂いております。

フィナステリド

フィナステリド

フィナステリドのイメージ
化学式
C23H36N2O2
分子量
372.549 g/mol
英語表記
Finasteride
読みカナ
フィナステリド
  • 概要 
  • 作用 
  • 副作用 
  • 注意事項 
  • [フィナステリドの概要]

    アメリカのメルク社が研究開発を行ったフィナステリドは、男性のAGA(脱毛症)の治療薬としてアメリカ食品医薬品局の認可を得て使用されています。
    元々は前立腺肥大の治療に適する成分として開発が進められていましたが、男性の脱毛を抑えることに有効であることが判明し、1997年にはアメリカ食品医療品局(FDA)により男性型脱毛症の治療成分として承認しました。
    これまで発毛を促進するものではないとされていましたが、臨床試験の結果からは発毛としての効果もあると分かってきました。
    国内においてはメルク社の日本法人MSD社からプロペシアという名称にて販売を行っています。

  • [フィナステリドの作用]

    DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質が男性の脱毛の原因とされており、フィナステリドはこのDHTを抑える働きを持っています。また、多くの臨床試験により脱毛の抑止効果のほか、発毛としての効果もあることが分かってきました。開発当初の前立腺肥大症に対する治療薬としての作用では、抗アンドロゲン成分の一種であり男性ホルモンのテストステロンをシヒドロテストステロンに変える2型5-α還元酵素の働きを抑制し、前立腺肥大の進行を抑える働きがあるとされています。

  • [フィナステリドの副作用]

    副作用は少ないと言われておりますが、国内における臨床試験では胃の不快感や食欲の低下などの副作用が起こる場合があるとの結果が報告されています。2007年の臨床試験からは、肝機能障害の可能性があるとして副作用に追加されており、性欲が減退するという副作用があると感じる方もいるようですが、試験のデータでは性欲に関するテストステロンを低下させる成分ではないため、この副作用に関しては実際には起こりえないものと判断されています。

  • [フィナステリドの注意事項]

    使用上の注意点としては、男性型脱毛症(AGA)や前立腺肥大に効果のある成分ですので女性は服用できません。ならびに未成年の服用もできません。また、過敏症を引き起こした場合は使用を禁止し、服用中の場合は献血を禁止されています。献血を行う場合には服用後1か月以上の休薬時間を設け、その後に行うようにしてください。使用にあたっては1日に0.2mg~1mgとされていますのでご注意ください。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。