ご訪問ありがとうございます

ネット総合病院では質の高いメーカー純正医薬品を幅広く取り扱っております。

取り扱い医薬品の中には、現在日本国内で「未承認医薬品」とされている医薬品もございます。

この未承認医薬品の情報を不特定多数の方に公開する事は、薬事法68条によって禁じられております。

そのため当サイトでは、これから進むページが未承認薬であることをご利用者様に了承頂いております。

デュタステリド

デュタステリド

デュタステリドのイメージ
化学式
C27H30F6N2O2
分子量
528.529 g/mol
英語表記
Dutasteride
読みカナ
デュタステリド
  • 概要 
  • 作用 
  • 副作用 
  • 注意事項 
  • [デュタステリドの概要]

    デュタステリドは、グラクソ・スミスクライン社が開発した脱毛治療薬の成分であり、厚生労働省の許可を得て販売されているアボルブやアヴォダートなどの商品に用いられています。
    この成分はフィナステリドと同じく、元は良性の前立腺肥大を改善することを目的として開発されていたものですが、違う点としては1型5-aリダクターゼを阻害することも可能とされ、臨床試験での毛髪再成長データからはフィナステリド約70本に対しデュタステリドは約100本と、およそ1.5倍の効果があると認められました。

  • [デュタステリドの作用]

    作用としては、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種を活性化させることでジヒドロテストステロンという形へ変換し、1型5-aリダクターゼならびに2型5-a還元酵素を阻害する働きを持ちます。これにより前立腺肥大症の治療に効果的とされる一方で、男性型脱毛症(AGA)に対しても有効であることが分かっています。効果には個人差がありますが、海外ではこの成分を用いた商品を利用された方の多くが高い評価を付けています。

  • [デュタステリドの副作用]

    前立腺肥大症の治療に用いる際、増毛効果が副作用として述べられていたことがありますが、稀に使用を突然中断することでリバウンドのような現象が起こるといった例が報告されています。性欲の減退、乳房の肥大などといった副作用の報告があり、この副作用は類似する成分のフィナステリドよりも強いと言われています。

  • [デュタステリドの注意事項]

    こちらの成分は、肝疾患がある方や女性の使用は禁止となっています。男性型脱毛症(AGA)に対して有効な成分と言われますが、本来は前立腺肥大症の患者へ投与される成分となりますので、AGA治療薬として利用される際には医師との相談が望ましいとされていますのでご注意ください。また、長期間の連続使用によっては耐性が付いて効果が現れにくくなってくる可能性があり、ホルモンを刺激するステロイドに似た作用を持つことから用量には充分に気を付ける必要があります。また、献血をされる際はこの成分を中断して半年以上の期間を空けてから行ってください。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。