ご訪問ありがとうございます

ネット総合病院では質の高いメーカー純正医薬品を幅広く取り扱っております。

取り扱い医薬品の中には、現在日本国内で「未承認医薬品」とされている医薬品もございます。

この未承認医薬品の情報を不特定多数の方に公開する事は、薬事法68条によって禁じられております。

そのため当サイトでは、これから進むページが未承認薬であることをご利用者様に了承頂いております。

バルデナフィル

バルデナフィル

バルデナフィルのイメージ
化学式
C23H32N6O4S
分子量
579.11 g/mol
英語表記
Vardenafil
読みカナ
バルデナフィル
  • 概要 
  • 作用 
  • 副作用 
  • 注意事項 
  • [バルデナフィルの概要]

    バルデナフィルは勃起不全(ED)の治療薬として用いられる成分であり、ホスホジエステラーゼ5を阻害し、陰茎の海綿体平滑筋の緊張をやわらげて血液の流れを良くすることで勃起を促します。
    男性の性行為中に起こる勃起を維持する補助剤として、レビトラという商標の薬剤などにバルデナフィルが含まれ市場に販売されています。

  • [バルデナフィルの作用]

    陰茎の勃起を抑制するホスホジエステラーゼ5(酵素PDE5)を阻害し、男性の陰茎勃起を補助する作用を持ちます。心理的な要因となる心因性、血管や神経の問題とされる器質性、もしくはその両方を有する場合にも有効とされており、バルデナフィル服用後は性的な刺激によって作用が発揮されますが局所にのみ作用するため性欲そのものを増幅するものではありません。

  • [バルデナフィルの副作用]

    報告されている副作用として最も多いのは頭痛と火照りとなっていますが、この症状はバルデナフィルの作用により血管が広がることによって起きる現象とされており、数時間ほどで治るものと言われています。治験のデータでは頭痛が約10%、火照りは約25%の確率となっています。その他の副作用としては鼻づまり、血圧異常、視覚異常(彩視・光視)などの例があります。

  • [バルデナフィルの注意事項]

    硝酸薬との併用は血圧が急激に低下する恐れがあります。勃起状態が4時間以上維持する、或いは痛みを伴う勃起が続く場合は陰茎組織の損傷や勃起機能の喪失が考えられますので速やかに病院で診察を受けてください。また、視覚異常が起こる場合もありますので服用後しばらくの間は、車両の運転などは控えることを推奨します。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。