ご訪問ありがとうございます

ネット総合病院では質の高いメーカー純正医薬品を幅広く取り扱っております。

取り扱い医薬品の中には、現在日本国内で「未承認医薬品」とされている医薬品もございます。

この未承認医薬品の情報を不特定多数の方に公開する事は、薬事法68条によって禁じられております。

そのため当サイトでは、これから進むページが未承認薬であることをご利用者様に了承頂いております。

エチニルエストラジオール

エチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールのイメージ
化学式
C20H24O2
分子量
296.4034 g/mol
英語表記
Ethinylestradiol
読みカナ
エチニルエストラジオール
  • 概要 
  • 作用 
  • 副作用 
  • 注意事項 
  • [エチニルエストラジオールの概要]

    エチニルエストラジオールは女性の卵胞ホルモンの一種であるエストロゲンを指し、エストロゲンは男性ホルモンのアンドロゲンを抑制させてホルモンバランスを整えることができます。
    体内におけるホルモンバランスが崩れることが原因となる更年期障害や前立腺癌などの症状を緩和することに役立つとされています。
    特に女性ホルモンは50代を境に閉経期を迎え、年齢と共に女性ホルモンが減少する傾向にありますので、これを正しいホルモンバランスへと導くことが可能となる成分になっています。

  • [エチニルエストラジオールの作用]

    年齢と共に減少する女性ホルモンのバランスを整え、それに伴う様々な症状を改善させる作用を持っています。主に男性ホルモンの濃度を下げ、癌細胞が増殖するのを抑える働きを持っています。これにより腫瘍の悪化を防ぎ、病症が穏やかになることが期待されます。このことから抗アンドロゲン・抗男性ホルモン薬とも呼ばれています。乳癌に対しては女性の卵胞ホルモン(エストロゲン)が強く影響しているため、この成分によって性腺刺激ホルモンの分泌を抑えて内因性となるエストロゲンの濃度を薄める効果があります。

  • [エチニルエストラジオールの副作用]

    主に、吐き気、食欲不振、胃腸に関する症状が副作用として多いものとなっています。男性が服用すると勃起不全などの性機能障害を引き起こす可能性があります。また、重たい副作用としては血栓症と呼ばれる血液凝固が起こる可能性があり、これは様々な箇所で症状が見られます。手足やふくらはぎの痺れ、痛み、頭痛、めまい、心筋梗塞、視力低下などが血栓症による症状と言われており、このような症状が起こった場合には医師の診察が必要となります。

  • [エチニルエストラジオールの注意事項]

    エチニルエストラジオールを含む薬剤を利用するにあたって、何らかの持病をお持ちの場合は医師と相談のうえ使用されることを推奨します。他の成分との相性によっては効果が弱まることもあり、不正出血などの原因となる場合があります。飲み合わせが悪いとされる薬剤としては、結核の薬、てんかんの薬、抗生物質類、セントジョーンズワートを使用する健康食品などがあります。女性においては乳房と子宮に異常が生じる場合には医師との相談や婦人科などでの検査が必要となる場合がありますのでご注意ください。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。