ご訪問ありがとうございます

ネット総合病院では質の高いメーカー純正医薬品を幅広く取り扱っております。

取り扱い医薬品の中には、現在日本国内で「未承認医薬品」とされている医薬品もございます。

この未承認医薬品の情報を不特定多数の方に公開する事は、薬事法68条によって禁じられております。

そのため当サイトでは、これから進むページが未承認薬であることをご利用者様に了承頂いております。

トレチノイン

トレチノイン

トレチノインのイメージ
化学式
C20H28O2
分子量
300.4412 g/mol
英語表記
Tretinoin
読みカナ
トレチノイン
  • 概要 
  • 作用 
  • 副作用 
  • 注意事項 
  • [トレチノインの概要]

    トレチノインは体の中で生成されるビタミンAの生理活性を持つ誘導体の一種であり、通常のビタミンAに比べおよそ100倍もの活性力を保持していると言われる成分で、スイスのロシュ社が1960年代に開発されました。
    肌に関する様々なトラブルに対して有効とされており、主に美容薬・化粧品などの製品に用いられており、他にも急性前骨髄球性白血病の治療などにも用いられます。
    現在では癌などの治療や、予防の効果もあるとして研究が進められています。
    内用薬・外用薬として同成分が使用されていますが、それぞれにおける効果と注意点があります。

  • [トレチノインの作用]

    レチノールの約100倍もの薬理作用を持つとされるトレチノインは、ニキビ治療薬として米国で多くの方に愛用されており、軟膏・クリームやジェルといった形で商品化されており、配合される濃度が高いほど黄色みがかった色をしています。皮膚にうるおいを与え、コラーゲンを再生する力を促進させることで傷の治りも早くなると言われています。使い始めの一日目は何も変化がないと言われますが、二日目以降に古い皮膚が剥がれ落ちる状態になりますので、まずは濃度の低い物から試すことが推奨されています。

  • [トレチノインの副作用]

    トレチノインの成分を使用することにより、皮膚が赤くなったり洗顔時にヒリヒリと痛むことがありますが、これはトレチノイン治療としての副作用でもあり効能ともとることができ、その後に皮膚が再生することでシミ・ソバカスが改善されます。しかしこれは皮膚を覆う水分やバリアーを失っている状態なので、保湿ケアを十分に行うことが大切です。また、紫外線の影響も受けやすくなりますので外出される際には日よけ傘や帽子などで日光を防ぐようにしましょう。他のUVケアのクリームなどの併用は成分の相性が悪い場合もありますので、もし併用される場合には医師と相談のうえ行ってください。

  • [トレチノインの注意事項]

    内用薬においては催奇性を持つとの報告があり劇薬指定を受けています。服用後に男女の妊娠につながる性行為や献血は、最低2年間は禁止されています。レチノイン酸症候群や呼吸不全など重度の副作用が起こる危険性も指摘されており、北米では1990年代に発売が禁止になったこともあります。外用薬の場合、皮膚のターンオーバーが強く起こるので初めての利用から成分量が高濃度に配合された商品を使用すると、逆に肌が荒れてしまったりシミ・ソバカスが増えてしまうこともあります。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。