ご訪問ありがとうございます

ネット総合病院では質の高いメーカー純正医薬品を幅広く取り扱っております。

取り扱い医薬品の中には、現在日本国内で「未承認医薬品」とされている医薬品もございます。

この未承認医薬品の情報を不特定多数の方に公開する事は、薬事法68条によって禁じられております。

そのため当サイトでは、これから進むページが未承認薬であることをご利用者様に了承頂いております。

ハイドロキノン

ハイドロキノン

ハイドロキノンのイメージ
化学式
C6H6O2
分子量
110.11 g/mol
英語表記
Hydroquinone
読みカナ
ハイドロキノン
  • 概要 
  • 作用 
  • 副作用 
  • 注意事項 
  • [ハイドロキノンの概要]

    ハイドロキノン(ヒドロキノン・ハイドロキナン)は、亜硫酸により還元されたキノンから得た無色針状結晶の成分であり、漂白効果を持っていることから美白化粧品・美容クリームなどに用いられています。
    この成分が2%の含有量を持つクリームなどはアメリカにおいて医師の管理下で処方されるほど強力な成分となっています。
    常温・常圧の状態では無色の固形で、エーテルや水に対して可溶性で変異原性を持っています。
    p-ベンゼンジオール、p-ジヒドロキシベンゼンという別名で呼称されることもあります。

  • [ハイドロキノンの作用]

    ハイドロキノンには強力な漂白の作用があるため、皮膚科などでも美白剤として処方されるものであり、一般の薬局でもこの成分を配合したクリーム・軟膏などが販売されており、比較的簡単に入手可能な成分となっています。また、ビタミンAの一種となるトレチノインの成分を併用することにより、皮膚に対する漂白の作用が強まると言われています。

  • [ハイドロキノンの副作用]

    副作用を抑えるためには、厚生労働省が推奨する配合濃度2%以下の物を使用する必要があります。もしハイドロキノン濃度の高い商品を継続的に使用すると、皮膚の赤み、かぶれ、肝斑(かんぱん)などの副作用が強く現れる可能性があります。安定型ハイドロキノンという名称で販売されている商品に関しては、こういった副作用が起きにくいよう調整が成されていますので、特に日本人が使用する際にはこの表記のある製品を利用されることをお勧めします。

  • [ハイドロキノンの注意事項]

    この成分を配合した製品を使用した後は、皮膚のバリア機能・水分が低下しているため、帽子やサンシェードなどを用いて紫外線などの外的刺激を防ぐ必要があるとされています。UVケアのクリームなどの併用は成分的に相性が悪い物もありますので医師との相談のうえで行うようにしてください。尚、アメリカ食品医薬品局(FDA)では、発癌性があるとして一般医薬品としての店頭販売を禁止しているという背景があり、世界保健機関(WHO)ではこれを否定していますが使用には十分に注意が必要です。

ネット総合病院は、海外を拠点し海外より個人輸入代行サイトを運営しておりますが、 日本の薬事法を尊重し医薬品の表示は、お客様自身にて商品名を検索していただく形式を取らせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願いいたします。

お探しの医薬品名を入力してください
検索

お薬に含まれる成分を検索することが出来ます

検索

成分ページはキーワードが一致した場合のみ表示されます。表示されない場合は、キーワードを打ち直す、または五十音検索をご利用ください。